以前の記事

エキスパートの株式銘柄選びを勉強します。【小型株に注目】編

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」。

ポジ夫
ポジ夫
という説はウソらしいとも言われていますが(笑)
妻・ミラ子
妻・ミラ子
真似して学ぶことは大切ですよね!

株の勉強も、稼ぎ続けるエキスパートを真似れば上達まちがいなし。

そこで今回は、ツイッターで有名な投資家・青い空(@aozora161958)さんの銘柄選定方法に注目します。

青い空さんの銘柄選定方法①~④を勉強(前編)←今回

青い空さんの銘柄選定方法⑤~⑧を勉強(後編)←次回

ポジ夫
ポジ夫
この流れで、初心者が2倍・5倍・10倍株と出会う方法を追求します。

実力者の銘柄選定方法を勉強

ポジ夫
ポジ夫
プロの銘柄選定法を勉強します。こちらです。

ツイッターのフォロワー2万人の人気アカウント、青い空(@aozora161958)さんのツイートより。

青い空さんは有名であるにも関わらず、ほとんど「アンチ」がいません。

ポジ夫
ポジ夫
一見厳しい、しかしとても誠実な人柄ですから、多くの人が信頼を寄せているのですね。

そんな青い空さんが提唱する株選びを学んでいく、というのが今回の記事。

初心者向けにわかりやすい言葉で説明していきたいと思います。

次のパートから、8つの条件をそれぞれ検証していきますね。
※「⑤世界需要拡大」と「⑦業績伸張」を1つの条件としてまとめるなど、青い空さんオリジナル版と少しだけ異なる「8条件」にしてあります。ご了承ください。

選び方①~④小型株を選ぶ

ポジ夫
ポジ夫
「小型株効果」を知っていますか?

時価総額の小さい株(一般的に1,000億円以下)ほど大きくハネやすいことを指す言葉です。
参照:野村證券

✓ リスクが高い分リターンも大きい
✓ 普段は注目されていないので一気に買われる

などの点で魅力的とされているんですね。

優待投資家みきまるファンド(@mikimarufund)さんも、小型株効果に注目しています。
参照:小型株効果についてのまとめ

ポジ夫
ポジ夫
小型株戦略にはこのような批判も。

✓ 小型株効果は単なるアノマリー(理論的ではない)
✓ ボラティリティ(変動)が大きく、高リスク

否定的な意見としては、米国インデックスファンド投資で有名なつみたて次郎(@siegeljiro)さんの記事がよく読まれています。
参照:小型株効果の恐ろしさ

ただ、きっちり勉強すれば、小型株で大きな資産を築くことは可能。実際に小型株で「億る」人も多いわけですからね。

青い空さんの「選び方」の中でも、特に小型株効果に関係する①~④を掘り下げましょう。

新興市場 or 地方銘柄から選ぶ

ポジ夫
ポジ夫
新興市場とはベンチャー企業の集まる場所。

特に有名なのがマザーズやJASDAX(ジャスダック)。

東京証券取引所(東証)にある新興企業向けの取引市場ですね。

国内には、東証以外にも

✓ 名古屋証券取引所(めいしょう)
✓ 札幌証券取引所(さっしょう)
✓ 福岡証券取引所(ふくしょう)

といった市場があります。

「地方銘柄」とはふつう特定のエリアだけで活動する企業の株のことですが、名証・札証・福証に上場する株式も、言ってみれば「地方銘柄」。

掘り出し物が眠っていることも。

2017~2018年に世間を賑わせた「RIZAPグループ」は札証の銘柄ですからね。

ポジ夫
ポジ夫
また、それぞれの取引所にはベンチャー向けの市場が併設されています。

✓ 名証 > セントレックス
✓ 札証 > アンビシャス
✓ 福証 > Qボード

今回の記事の「先生」である青い空さんは㈱バルクホールディングスに注目しているとのこと。

バルクはセントレックスの上場銘柄なんです。

よく見つけるなぁ、と思いますよね。

青い空さんにならい、新興市場と地方銘柄に注目しましょう。

ポジ夫
ポジ夫
注意点として、証券会社によっては「地方銘柄」をトレードできません。

例えば、楽天証券は札証(とアンビシャス)非対応です。名証の銘柄が取引できる証券会社は?(みんなの株式)を参照してください。

株価700円以内の株を選ぶ

ポジ夫
ポジ夫
価格の低い銘柄=低位株を狙うことも重要。
ミラ子
ミラ子
ユニクロ(ファストリ)の株はゼッタイ10倍にならないもんね。

大型株が「テンバガー」することはありません。2倍も難しいでしょう。

しかし、上記RIZAPは2017年に株価7倍を達成。4月の始めに400円程度だった株価が、11月には約3,000円に。

マザーズだけ見ても、他の実例がたくさんあります。

その銘柄が700円以下から何倍になったか?を調べてみましょう。
※週足終値で計算。なお、参照した株価は設定来高値ではありません。参照:スマートチャートプラス

銘柄(商品・サービス)倍になった期間
ミクシィ(SNS、ソシャゲ)19.1倍2013年11月3週~2014年11月1週
アスカネット(フォトブック)18.9倍2013年7月3週~2014年9月4週
ユナイテッド(広告)15.7倍2013年5月3週~2013年7月2週
ポジ夫
ポジ夫
ミクシィは1年で19倍、ユナイテッドに至っては2か月で16倍です。

これは低位株だからこそ。青い空さんの銘柄選びを勉強する価値があるというものです。

中でも700円以下から一気にハネることが多いのでしょうか。覚えておきたい基準値ですね。

時価総額60億円以下の企業を選ぶ

ポジ夫
ポジ夫
時価総額が小さいことも、「小型株」であることを判断するのに役立つ指標ですね。

完全初心者の方向けに補足すると、「時価総額=その日の株価×株式数」。

2019年3月某日の、ランキング上位3社の時価総額を確認しておきましょう。

企業時価総額(約)
トヨタ自動車㈱21兆5,000億円
ソフトバンクグループ㈱11兆6,000億円
日本電信電話㈱9兆3,000億円

ちなみにアマゾン(米)の時価総額は,2018年12月時点で約95兆。トヨタ4.5個分かよ…。

肝心の新興市場はどうでしょうか?同じ日の、マザーズの上位3社の時価総額がこちら。

企業時価総額(約)
㈱メルカリ4,814億円
㈱ミクシィ2,137億円
サンバイオ㈱1,544億円

2ケタ小さくなりましたが、青い空さんが勧める「60億円以下」の株はありません。

マザーズの下位銘柄はどれくらいでしょうか?
※この日のマザーズ上場銘柄数は約280。

㈱イノベーション15億円
㈱ホープ14億円
㈱フルッタフルッタ8億円

さらに2ケタ下がりましたね。

マザーズの真ん中くらいから選べば、時価総額60億円以下の優良銘柄が見つかりそうです。

上場後10年以内の企業を選ぶ

企業は成長を続けるもの、と考えれば、若い企業にこそ小型株は多いはず。

やはりマザーズを調べてみました。古い順・新しい順に3つずつ挙げてみます。

まずは古い順。

企業上場年月(古い順)
㈱メディアシーク 2000年12月
㈱ACCESS2001年2月
プレシジョン・システム・サイエンス㈱2001年2月

創業20年。思ったより古いですね。

次に新しい順です。

企業上場年月(新しい順)
㈱ヴィッツ2019年4月
㈱東名2019年4月
㈱Welby2019年3月

これ書いてるの2019年3月なんですけど、もう4月上場が決まってるんですね。

このあたりからテンバガー株が出るのでしょうか。

ポジ夫
ポジ夫
2月に上場したばかりの「㈱スマレジ」や「㈱識学」は、すでにツイッターで注目されてた(煽られてた)。
ミラ子
ミラ子
上場10年以内どころか、上場直後から投資対象になるんだね。

【小型株に注目編】まとめ:4つの条件

ポジ夫
ポジ夫
実力者の銘柄選定を勉強し、2倍・5倍・10倍株と出会っていきたい!

優秀な企業を自分で選べるようになるためには、8つの条件を検証する必要があります。

その中で、今回は「小型株効果」に注目しました。

株価が大きく上がる銘柄は「小型」であることが多いためで、「小型」の基準としては以下の点を見るのでしたね。

・新興市場にある
・株価700円以内
・時価総額60億円以内
・上場後10年以内

ポジ夫
ポジ夫
これを踏まえて、次回は残りの4条件を検証していきます。

よろしければお付き合いください。

(次回の記事、今書いてます)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です